がんばれ みなまた!

夢のある町を、夢見て!

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チッソ陸上部 南九州駅伝 応援

2009年2月1日
宮崎県のえびの市、京町温泉をスタート、都城市役所ゴールの駅伝大会の応援に行ってきました。
今年で第63回迎える南九州駅伝大会には、チッソ水俣本部陸上部が、第1回大会から63回連続出場されているそうです。
あの、東国原知事も宮崎県庁チームで、最終区を走られているそうですよ。
昨年は、チッソは躍進賞をとられたそうです。今年の成績はほどほどでしたが、若い選手が増えてきており、来年が楽しみです。
写真は、宮崎県小林市内を走るチッソの選手です。

宮崎県小林市を走る選手



応援に行く途中で、鹿児島県の伊佐市(旧大口市)では、氷の祭典が行われており、写真を撮ってきましたので、見てください。氷のすべり台も作ってあり、一番人気でした。

伊佐市(旧大口市)の氷の祭典






スポンサーサイト

| 未分類 | 11:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チッソのはじまり 元新日本窒素肥料(株)曾木発電所

国指定 登録有形文化財
旧曽木発電所遺構
DSCF0082.jpg
画像をクリックすると拡大します。

明治後期、鹿児島県伊佐郡大口村(現在の伊佐市大口)では、「電気化学工業の父」と言われた野口遵により明治39年(1906)、川内川上流にある「曽木の滝」の水力を利用する曾木電気株式会社が設立されました。
明治40年(1907)曾木第一発電所を建設、発電量は800kWでしたが余剰電力を熊本県葦北郡水俣村にカーバイト製造工場を造ります。これが、現在のチッソ株式会社水俣本部・水俣製造所のはじまりです。

明治43年(1910)には、曾木の滝下流の1.5kmの地点に、発電量6,360kwの曾木第二発電所を造りました。

昭和40年(1965)川内川の洪水への対策と発電を目的とした鶴田ダムの建設により、曾木第二発電所は閉鎖、約55年の歴史に幕を閉じます。

野口遵は、現在のチッソ株式会社の初代社長です。

| 未分類 | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。